Ektara and Khartal Play Amazing!!! – Kabir Das Sant part01

Ektara and Khartal Play Amazing!!! – Kabir Das Sant part01

Mise en ligne le 17 juil. 2011

THE SECOND → http://www.youtube.com/watch?v=MURpJY…

1999年、バラナシの街角で出会った宗教詩人。
毎週土曜日の正午、決まった時間と場所にやってきて、詩を演奏している。
エクタールとカルタールを自在に操り、魂を揺さぶるボーカルに心を打たれました。

10年来の知り合いで、この度、お願いをして映像に残すことができました。

三部構成の第一弾。

詩の翻訳をしていると、韻を踏んでいることが興味深かったですね。
学者の友人によると、カビールダースなど宗教詩人の詩には、韻律が多く用いられているようです。

例えば、「船の中に河が沈んでいる」の船は、ヒンディー語で「ナウ」。

蟻がカージャル(目の周りを黒くする化粧)を塗るというくだりでは、
蟻がどれだけ大きいかということを表すために、「ナオ マン カージャル ラガーヤー」と表現しています。

・ナオ=数字の9
・マン=マウンド (1マウンド=80ポンド、80ポンド=36.63Kg、9マン=約330Kg)

船(ナウ)に、数字の9(ナオ)を掛けています。
おそらく、ナオマンには正確な意味はなく、途方もなく大きいという意味が含まれているのだと思います。

日本語に翻訳すると、韻律が伝わらないので、翻訳では数百キロと訳しました。

また、死んだ蟻を900匹のハゲタカが食べるくだりでも、「ナオ サオ ギッダ カエー」と表現されており、船(ナウ)とナオサオ(900匹)が掛けてあります。

「船の中に河が沈んでいる」

奥深い詩です。

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s